トップ / インプラントの歴史とは

インプラントの歴史とは

インプラントは古い

祖母

インプラント治療の歴史は古い

インプラント治療は、現在では多くの歯科医院で行われていますが、世界における歴史は古いようです。紀元3世紀頃のヨーロッパでは、上顎に鉄製の人工歯根が埋まっている人骨や、紀元7世紀頃の中南米では、下顎に貝で作られた人工歯根が埋まった人骨などが発見されています。インプラント治療が確立されたのは、1952年に金属のチタンを骨に埋め込むと、骨との結合が確認されたことから、臨床応用が始まり現在のような治療法に至っているようです。

インプラントがより身近に

専門の手術室を設け、最新のインプラント手術機器を導入する歯科医院が増えています。最新の手術機器を使う事で患者の負担を減らしながら短い時間で手術が完了するようになってきているのです。また、専用の手術室を用意することで、衛生環境も保ちやすくなっています。インプラントは切開などが共なうケースも有るため、衛生環境を整える事は必須と言えます。通常の診療スペースと別ける事でより安全性を高める事が出来るのです。

↑PAGE TOP