トップ / インプラント治療について

インプラント治療について

インプラントで補う

祖母

歯科インプラント治療について

現在、外傷によって歯を失った人や、虫歯や歯槽膿漏によって歯を失った人の治療にインプラント治療が適応されています。治療方法としては、歯が無い部分の顎の骨に義歯を埋め、その上から義歯を付けるものとなっています。この治療方法は、1本だけ歯が無い場合から、全ての歯が無い場合まで適応が可能な治療方法だと言われています。インプラント材料としては、骨と結合し、生体親和性が高いチタンまたはチタン合金が使用されています。

インプラントの最新技術について

インプラント治療に関する技術は進化を続けており、近年は埋没部の骨の切削を最小限に留め、患者の負担を減らす方法も採用されるようになっています。スプリッティング法と呼ばれるこの方法は、僅かに開けた穴に対して骨の弾力性を利用し、専用の器具で広げて行くというものです。出血や痛みを伴い難い状況でインプラント構造を埋める為の骨を広げられるという利点があり、骨が軟らかい傾向にある上顎の骨の治療に特に適しているとされていて、その採用例が増加しています。

↑PAGE TOP